1. うつ予防ナビTOP
  2. うつの方への対応

うつの方への対応
こころの病気は体の病気と同じように早期対応が大切です

日本では、およそ10〜15人に1人、一生のうちに一度はうつ病を経験すると考えられています。
「誰がいつなってもおかしくない」ほど、身近な病気です。
うつ病にかかりやすい人は、うつ病になりやすい人は真面目で責任感が強く、人あたりがよく、ストレスを溜め込むタイプが多く、「家族や職場に迷惑をかけたくない」という思いから、誰にも相談できず重症化してから病院に行くケースがあります。
うつ病は治る病気ですので、早めの対応をするほど回復が早まります。
そのため、身近にいるご家族の方が「日常生活における変化」を気づくことがとても大切です。

受験をむかえたお子様の場合

「うつ病」とは、強いストレスを継続して受けることで、脳内の機能が正常に働かなくなることでもたらされると考えられています。

未成年者はまだストレスに免疫がない年頃ですが、「受験」という巨大な人生の難所に直面します。「不合格になると、人生が大きく変わってしまう」という不安を毎日感じながら勉強しないといけません。
これが、受験うつが増加している主因です。

詳しくはこちら

受験うつ予防ナビ

  • 副作用の少ない うつ磁気刺激治療とは?
  • 見て分かるうつ病 光トポグラフィー検査とは?