うつ予防ナビ × 幻肢キャンペーン

  1. TOP
  2. 平成生まれのうつの現状

平成生まれのうつの現状 ~学生・若者の今~

学生はストレスがいっぱい

映画「幻肢」は医大生の純愛を横軸に、最新の精神医学とミステリーをミックスさせた島田荘司ならではのトリックが見どころ。主人公の医大生・雅人は恋人を失って精神状態が不安定になっていく。


勉強、就職、将来、恋愛、友人との関係、学生にとってストレスのもとになることはたくさん。不安や動揺が増えすぎると、メンタルが原因で体調が悪くなるケースも出てきます。「幻肢」の舞台は大学の医学部ですが、「医学部に代表される6年制大学の学生は4年制大学の学生よりも自殺率が高い」という調査結果があります。理由はさまざまのようですが、医師になるしかないという1本道を踏み外してしまうと元に戻りにくい点や、プライドが高い学生が多いこと、頻繁にあるテスト、親の期待などいろいろなプレッシャーがストレスのもとになっていると考えられています。

医学部に限らず、今、学生の‘うつ’が確実に増えているといいます。「うつ状態」というのは、ただやる気が起きない、ただ元気が出ない、というものではありません。かならず‘心身の重苦しさ’、たとえば「世の中に価値のあるものなんて無い」「自分は生きている価値が無い」「皆に迷惑をかけている」というような、とても重苦しい気持ちがともなっていて、しかもそれが2週間以上続くような場合にはうつ病の可能性があると言われています。


映画「幻肢」の中の主人公・雅人は、同じ大学の友だち・亀井に支えられながらトラブルと向き合います。学生のメンタルヘルスに関する調査では、家族や先生、先輩・後輩、友だち、恋人、というような社会的な関係をたくさん持っている人ほど、メンタルの危機になっても乗り越えやすい、という結果が出ています。

「うつかもしれない」 でも、周りは理解してくれない

心も身体の一部です。最近の脳科学の研究の成果で、うつ病などのメンタル疾患がある人は脳が正常に機能していないということがわかってきました。
うつ病は心の病気ではなく脳の病気であることがわかってきたのですから、「心が弱いから」とか「たるんでいるから」などと自分を責めないように、病気として対応することが大切です。


どんな病気でも早期発見・早期治療が重要と言われますが、実はうつ病も放っておくと「負のスパイラル」に落ちて、悪化していく危険が大きい病気なのです。うつ病の症状には、不眠、食欲低下、異常なだるさや疲労感、悲観的な気持ち、集中力や判断力の低下があります。

抗うつ薬を飲むという選択

「未成年だけど精神科で抗うつ剤を処方してもらいたいけど可能?」というような質問をネットで見かけることがあります。うつ症状に困っていて「受験に間に合うように」「勉強に集中したいから」という理由で、医師に抗うつ薬などの薬を処方してもらうことを考える学生がいるということでしょう。


しかし、薬を飲む前に副作用のことも知っておくべきです。 抗うつ薬の副作用には代表的なものだけでも、口が渇く、便秘・排尿障害、眠気、胃腸障害、頭痛、体重増加というものがあります。元気になって勉強するために薬を飲んだのに、副作用で勉強どころではなくなる可能性もあるのです。

「うつ病はこころの風邪」「うつ病は薬で治る!」というキャッチフレーズで、日本で大々的なうつ病キャンペーンが開始されたのは約10年前です。SSRIと呼ばれる新世代の抗うつ薬が1999年に国内で販売が開始されてから、うつ病に関する情報がインターネットやマスメディアを通じて一気に広がりました。そのためか、抗うつ薬は以前よりも身近なものに感じられるようになったのかもしれません。しかし、現在では、軽症のうつ病に対する抗うつ薬の効果には疑問が呈されており、日本うつ病学会も安易な薬物療法は避けるよう推奨しています。

未成年には薬の効果が確認されておらず、危険があるので注意するよう厚生労働省が注意喚起しました。 厚生労働省の注意喚起はコチラ »

抗うつ薬 パキシルの添付文書(注意書き)にも未成年への使用の注意があります。 パキシルの添付文書はコチラ »

いろいろなうつ病の治療方法についてはコチラ

プレゼント

映画「幻肢」原作本を10名にプレゼント

映画「幻肢」プレスシート(非売品)を5名にプレゼント

和田秀樹「うつ病は軽症のうちに治す!」50名にプレゼント

プレゼントは、厳正な抽選の結果、当選者には賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。
当落のお問い合わせにはお答え致しかねますので、あらかじめご了承ください。

プレゼント応募はコチラ

応募規約

第1条 (目的)
本プレゼントは、日本メンタルヘルス研究センター(以下「当センター」という)が運営する懸賞企画です。
応募者の個人情報は、本規約第4条の利用目的の範囲内で利用いたします。他の目的で利用することはございません。

第2条 (応募条件)
1.ご応募は、本規約に同意のうえで、必須記載事項を明記のうえ、お一人様一回限りのご応募を有効とさせていただきます。

第3条 (抽選・賞品)
1.当社は、厳正なる抽選のうえ当選者を決定し、発表は、当選者への発送をもって代えさせていただきます。なお、当選に関する応募者からのお問い合わせにはお答えいたしかねます。
2.賞品の発送時期目安は、応募締切の10月30日より2週間程度となります。

第4条 (応募者情報の利用目的と取扱い)
1.当センターは、懸賞企画の運営、賞品の提供のために応募者の個人情報を利用します。
2.応募情報につきましては、当センターが定める「個人情報保護方針」http://utu-yobo.com/privacy.html)、個人情報の保護に関する法律をはじめとした各種法令を遵守し管理いたします。
お問い合わせメール:info@utu-yobo.com

「幻肢」公開記念 スペシャルプレゼント

関連サイト