1. 受験うつ予防ナビTOP
  2. 脳機能講座

合格を勝ち取る脳機能講座

吉田たかよし先生によるストレス軽減勉強法動画

ドクターの吉田たかよしです。
本郷赤門前クリニックの開設以来、受験生のうつ病治療に数多く携わってきました。受験生を苦しめる『ストレス』にどう対処するべきか? 実際の事例に基づいたアドバイスの内容をシリーズ動画でご紹介します。

  • 動画をチェック
  • 動画をチェック
  • 動画をチェック
  • 動画をチェック
  • 動画をチェック
  • 動画をチェック
  • 動画をチェック
早期合格コースLP


ストレスで応用問題が解けなくなる理由!

多くの受験生の方が、実感として気づいていると思いますが、ストレスが高まると、応用問題が集中的に解けなくなります。
これは気の迷いではなく、脳の仕組みに原因があって本当に生じる現象なのです。
ですから、応用問題で点数を確保するには、ストレスの性質をよく知っておく必要があります。

「視野を広げれば応用問題が解ける!」

ストレスを味方につけるインターバル勉強法!

ストレスは人体にとって、全面的に悪いものだというイメージをお持ちの方が多いようですが、これは医学的には間違いなんです。
人体に良いストレスと悪いストレスの両方があるんです。
成績を上げる良いストレスを知ることでストレスを味方につけましょう。

「オンとオフの切り替えを訓練」

記憶力を高めるストレスホルモン攻略法!

受験ストレスでスランプに陥るのを防ぎ、逆にストレスと上手に付き合いながら成績を上げることができる勉強法を解説します。
受験ストレスで増加するストレスホルモンは脳にも作用し、記憶力を変化させるため、受験の合否にも重大な影響を及ぼすのです。
ストレスの本質を理解することで克服しましょう。

「精神論は逆効果!記憶力は余計に悪化」

夕食の時間が受験に悪影響!?

このテーマは多くの受験生の方に、脳のため今すぐ改めていただきたいこと。それは、「夕食の時間」なんです。
受験生は、学校から塾へ直行する場合が多いですね。そうすると、どうしても夕食は夜遅い時間帯になってしまいます。これが脳機能に重大な悪影響を及ぼして、受験勉強の足を引っ張っている場合が多い。

「遅い夕食は、受験生にとって大問題」

脳機能を活かす試験日当日の食事は?

このテーマは、試験の当日、脳機能を高めるには、食事は何を食べればいいのかということです。
受験生ご本人、それから受験生のお母様にはぜひ、聞いていただきたいですね。

「普段の食事と試験の当日の食事は、脳にとって必要な栄養素が違う」

スーパーマンのポーズで自信が付く!?

受験生にとって、自信をつけるというのは、とても大切なことです。自信がついていれば、勉強も試験も、空回りしないので、確実に点数を稼げます。

今日のテーマは、そんな自信が、なんと、スーパーマンのポーズをしただけで深まるという研究結果です。しかも、たった2分間で効果が出るのです。

「姿勢で自信が出てくる?!」

「朝、起きれない」は脳機能の赤信号!

このテーマは多くの受験生の方が、思い当たるんじゃないでしょうか。脳機能にとって「朝起きれない」ということは、いわば合格への赤信号で、放置してはいけないということです。

私は、メンタル面で不調をきたした受験生を数多く診察していますが、「朝起きれない」という方が本当に多いのです。

「寝る時間と、起きる時間、どちらが大事か」

早期合格コースLP


  • 受験生を救う磁気刺激治療:薬に比べて副作用が少ないうつ治療のひとつです
  • DLPC勉強法:DLPC(背外側前頭前野)の概要
  • DLPFC記憶術:暗記と思考は同時に行いましょう。
  • DLPFC音読勉強法:脳を活性化させる音読ができていますか?
  • DLPFC時間管理術:時間帯に合わせて勉強科目を上手に選択していますか?