1. 受験うつ予防ナビTOP
  2. ご家族の対応

ご家族の対応
お子様の調子で気をつけたいこと

わが子が受験を控えると、それまでの数ヶ月~1年くらいの間は、親としてはつい勉強の進み具合が気になってたまらないでしょう。
とはいえ、この時期のお子様への対応には注意が欠かせません。

こんなことをお子様にしていませんか?

受験生のこころに負担を与える4つの行動:1. 理想の大学に入ってほしいあまり、日頃からそのことをよく話題に出している 2. わが子が、勉強に身が入っていない様子が少しでも見えると、つい注意してしまう 3. よその家庭の子供が受験に成功した話を家の中でしている 4. 学校や予備校の先生や関係者に、熱心に受験相談を繰り返している

受験を迎えるわが子の親としての心構え

受験を控えたお子様は、どこの家庭でも神経質になっているものです。
そのために成績が伸び悩んだり勉強の進捗がかんばしくなかったりすることも珍しいことではありませんが、そのときに「怠けている」と一概に決めつけることは逆効果をもたらす恐れがあります。
受験うつにならないように、プレッシャーになるような言動は控えることが望ましいでしょう。

子供に話しかけるコツ

「助けてあげたい」こちらの気持ちをわかってもらう

どんなことが起こっても子供のそばにいる、ということを知らせてあげてください。
この年頃はうるさくかまわれると嫌がるので質問責めは避けて、子供が求めれば助けてあげる用意があることをわかってもらうことが大切です。

優しく、でもあきらめずに

親をシャットアウトするようになりますが、そこであきらめないでください。10代の子供にとって自分の“うつ”について話すことは大変難しいことなのです。
子供の気持ちを最優先しつつ、しかも「いつでも聞いてあげるから必要なときには話してね」というスタンスを子供にわかってもらうことが重要です。

お説教せずに、ただ聞く。

子供が自分の状態について話始めたら、批判や評価をしないよう我慢してください。重要なのは、お子様があなたとコミュニケーションをとろうとしているということ。
不要なアドバイスや、最後通牒のようなことは絶対言わないように。

子供の感じていることを認めてあげる

子供の訴えがどんなに馬鹿らしくても、また理屈に合わなくても、それはうつ病によるものであることを忘れないでください。
子供が感じている「痛み」や「悲しさ」をそのまま理解してあげてください。そうしなければ子供は自分の訴えを真剣に考えてくれないと思ってしまいます。

受験うつの疑いが出てきたときは?

お子様の様子が以前とちがってきて、悪くなってきたときは、受験うつがはじまっている可能性があります。 こういったときに対応を間違えると、病気が悪化したり、取り返しがつかない結果を招いてしまう恐れも出てきます。

1. 治療のための医療機関を探す
うつ病はそのままにしておくとダメージが広がっていく病気です。子供に出ている症状がいつか消えるだろうと考えるのは要注意です。
医師のところに行く前に、症状はどのくらいの期間出ているのか、子供の生活にどのように支障が出ているのか、親が気づいている症状のパターンなど、子供の症状をきちんと説明できるよう準備をすることが必要です。子供の親族にうつ病や他の精神病を患った人がいないかについても医師から聞かれます。病院で行うスクリーニング(うつ病の診断)では血液検査なども行い、他の病気の可能性も検査します。
2. 子供と相性の良い専門医を探す
検査で身体に異常が見つからなければ、うつ病の可能性が考えられるので精神科医のところに連れて行ってください。できれば、思春期のうつに詳しい医師が望ましいでしょう。
抗うつ薬を未成年に処方することは大変難しいことだからです。専門医を選ぶ際は必ず子供と話しながら行うようにしてください。子供は自分の病気についての決断を保護者に頼るしかないので、本人の話を充分聞いてあげることが大切です。
もし子供がその医師や臨床心理士と相性が悪く効果が出ていないようであれば、他を探すことも必要です。
3. 薬だけに頼らないこと
子供のうつ病の治療方法について、医師とよく話し合うことが大切です。思春期のうつ病治療には、カウンセリングだけでもいくつかの選択肢があります。
カウンセリングは、軽症のうつ病の最初の治療として効果が高い方法です。一定の期間、カウンセリングを続ければ思春期のうつ病は改善することが多いようです。カウンセリングで効果が出ない場合には投薬治療も検討しなければいけませんが、あくまで薬は幅広い治療計画の中の一部であり、青年期は投薬のみの治療は避けなければいけません。
  • 受験生を救う磁気刺激治療はこちら
  • うつ磁気刺激治療(TMS)の紹介
  • 受験うつと勉強方法
  • 新型うつと勉強方法
吉田先生監修 受験うつ、親のサポート講座
パート1お母さん必見!親が受験勉強のコーチになる方法とは
パート2親が大げさに褒めると「受験うつ」が悪化する!その理由とは?
パート3学校との交渉が子供の人生を決める!
パート4受験生の心を守る食事の鉄則!
  • 受験生を救う磁気刺激治療:薬に比べて副作用が少ないうつ治療のひとつです
  • DLPC勉強法:DLPC(背外側前頭前野)の概要
  • DLPFC記憶術:暗記と思考は同時に行いましょう。
  • DLPFC音読勉強法:脳を活性化させる音読ができていますか?
  • DLPFC時間管理術:時間帯に合わせて勉強科目を上手に選択していますか?