1. 介護うつ予防ナビTOP
  2. 老人性うつとは

老人性うつとは
以外と見逃しがち?老人性うつ(高齢者うつ)とは

「うつ病」が取り上げられる機会が多い現代。しかし、うつ病の種類や症状について知らない方が多くいます。「産後うつ」や「新型うつ」などはメディアでも取り上げられまだ知られていますが、依然としてあまり知られていないのが「老人性うつ病」です。
ここでは、老人性うつ病についてご紹介します。

老人性うつ病とは?

一般的にうつ病は、働き盛りの30~40代に発症するという傾向があります。しかし、高齢者に多く発症するうつ病もあるのです。これを「老人性うつ病(高齢者うつ病)」と言います。「うつ病全体の5%ほどが老人性うつ病」* だと言われています。

老人性うつ病は、働き盛りの人がかかるうつ病とは異なり、仕事のストレスではなく「退職した」「配偶者を亡くした」といった環境の変化が原因で発症することが多いです。
また、老人性うつ病は認知症と区別がつきにくいという特徴があります。これは「元気がない」「落ち込んでいる」「ぼーっとしている」という症状が共通しているためです。

老人性うつ病の症状

老人性うつ病によって現れる症状はさまざまで、人によって異なります。
また心身の不調を老人性うつ病ではなく「年齢のせい」にしてしまうケースが多く、治療が遅れて認知症になってしまうというケースもあるので注意が必要です。
老人性うつ病の症状は次の通りだと言われています。

  • 気分が落ち込む
  • 感情が乏しくなって無表情になる
  • 興味関心を持たなくなる
  • 食欲がなくなる
  • 注意力、集中力の低下
  • 睡眠不足(不眠)
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 吐き気

など

老人性うつ病の原因は?

先にも紹介しましたが、老人性うつ病の原因は環境の変化を中心に次のようなものが挙げられます。

  • 身近な人との死別
  • 子どもの独立
  • 仕事の引退
  • 体力や健康状態の低下
  • 住み慣れない土地への引っ越し
  • 薬の飲み合わせ

以上のように、慢性的に喪失感や不安を抱いた場合は、老人性うつ病を発症する恐れがあります。 また「仕事を退職した後に没頭できる趣味がない」という方も老人性うつ病になる可能性があると言われています。

老人性うつ病は、環境の変化で現れることが多く、またその症状も誰しもに現れる 「気落ち」であったりすることから周囲の人も“環境の変化による一時的なもの”と捉えてしまうことがあります。
実は一時的な症状ではなく、うつ病である可能性も考えられるので、 身近にうつ病と思われる方がいる場合は、今回ご紹介した症状や原因と照らし合わせてみて下さい。
また老人性うつ病に関する正しい知識を深めて、事前に予防できるようにしておくことも大切ですよ。