1. 介護うつ予防ナビTOP
  2. 老人性うつとは

「老人性うつ」の見分け方
老人性うつと認知症との違いとは

認知症と間違えやすい「老人性うつ」を見分ける方法

老人性うつ病は認知症と症状がよく似ているため、医師でも間違えるケースがあると言われています。 自身の間違った判断で勝手な対処法を採ってしまうと、いつまでも回復しないこともあるので注意が必要です。
ここでは正しい対処をするためにも、理解しておきたい認知症と老人性うつ病の違いについてご紹介します。

老人性うつ病

仕事に追われた生活に終止符を打ち、これからセカンドライフが始まるといった高齢者には、うつ病を患うリスクがあると言われています。
サラリーマンの時は仕事に対するプレッシャーなどから、うつ病を発症するのが一般的ですが、高齢者うつ病は環境の変化によって発症するのが主な原因です。

老人性うつ病が認知症と間違われる原因

認知機能や記憶力の低下を自覚して医師の診断を受けた方の中には「実は老人性うつ病だった」という場合もあります。
認知症と老人性うつ病が間違えやすい最大の原因は、認知症に「抑うつ」と呼ばれる症状があるためです。 さらには認知症の初期段階の症状として半数近い方がうつ状態を患うという傾向があるため、 老人性うつ病を認知症と誤認されてしまうことも珍しくないのです。

老人性うつ病と認知症を見分けるには

うつ病と認知症は症状が似ているため医師でも判断が難しいケースがあります。 身内に老人性うつ病または認知症だと思われる方がいる場合は、次の違いに注意して考えてみてください。

記憶障害

認知症の場合、記憶障害が多くみられますが、老人性うつ病では起こりません。
老人性うつ病の場合、記憶障害はないものの、何を聞かれても「わからない」と答えてしまう傾向があります。そのため、判断が難しくなるケースもあります。

不安感

高齢になると物忘れが増えてきます。老人性うつ病の方は自分で物忘れに気付いて、 それをきっかけに不安感を抱いたり、落ち込んでしまったりすることがあります。
認知症の場合は物忘れに自ら気づくことは基本的にありません。

発病

認知症は徐々に症状が進行するため気づきにくいという特徴がありますが、老人性うつ病は突然症状が現れたり、 時間帯によって強く出たり、複数の症状が同時に現れることがあります。

睡眠

老人性うつ病の方は自分が眠れないことに悩みを抱えています。 しかし認知症の場合、問題行動を本人が起こすため、不眠の悩みはありません。

質問に対する回答

老人性うつ病の方は、考えた結果「わからない」と答えることが多くなります。
反対に認知症の場合は質問に対して、見当違いな回答をしたり、その場を取り繕う所作がみられます。

似ているとされる老人性うつと認知症ですが、上記のような違いから見分けることができます。基本的に「本人が症状を自覚しているかどうか?」が判断の基準だと考えましょう。 身近に老人性うつ病または認知症だと思われる方がいる場合は、ここで紹介した内容を参考にしてよく観察してみると良いでしょう。