1. 介護うつ予防ナビTOP
  2. こんな人は気を付けて!「介護うつ」になりやすい人5つの共通点

こんな人は気を付けて!「介護うつ」になりやすい人5つの共通点

こんな人は気を付けて!「介護うつ」になりやすい人5つの共通点

「介護疲れ」「介護うつ」などという言葉をよく聞くようになりました。
在宅で家族などの介護をしている方の中には、「自分もうつになるのでは?」と不安を感じているという方も多いのではないでしょうか。
うつは誰でもかかりうる病気ですが、性格や考え方によって「うつになりやすい人」といった傾向があるのは事実です。 そこで今回は、介護うつになりやすい人に共通する性格の特徴を5つご紹介します。

特徴1:責任感が強い

職場のストレスなどからうつ病になる人には、責任感が強い人が多いとされています。
介護の場面でも、「自分の親なのだからしっかりと面倒を見なくては」「自分が頑張らなくてはならない」という気持ちから、すべてを自分で抱え込んでしまいがちです。 責任感の強さが、自分を追い詰つてしまうのです。

特徴2:まじめな性格

まじめな性格の人は、介護に対しても常にまじめにひたむきに取り組もうとします。 自分が疲れていたり体調が悪かったりするときでも、介護のために無理をしてしまいがちな傾向があります。 また、適度に息抜きをしたり手を抜いたりすることができません。 こうした介護生活が長く続くと、うつ病のリスクが高まります。

特徴3:感情表現が苦手

言いたいことを言わずに自分の中だけで消化しがちな人や、感情を押し殺してしまいがちな人もうつ病のリスクが高いタイプです。
介護では何かとストレスを感じることが多いものです。 そうしたつらい気持ちを人に言えず、ため込んでしまいがちな人は注意が必要です。 感情はなるべく素直に表現して、ときには人に相談したり甘えたりするのも大切です。

特徴4:考え方ががんこで融通がきかない

物事のやり方などについて「こうあるべき」「こうしなければならない」という信念の強い人は、柔軟な考え方をする人に比べてうつ病のリスクが高いと言えます。
責任感の強い人と同様に、自分の考え方や価値観が自分を追いつめてしまいやすいのです。

特徴5:几帳面な性格

几帳面すぎる性格の人も要注意です。 介護は相手のあることなので、自分の努力だけですべて完璧にできるようなことではありません。 「何もかもきちんとしなければならない」という考え方が大きなストレスもつながりやすいと言えるでしょう。

以上、介護うつになりやすい人に共通する性格の特徴を5つご紹介しました。当てはまるものが多かった方は、ぜひ意識して考え方を変えていかれることをおすすめします。