1. 女性うつ予防ナビTOP
  2. 妊娠・産後のうつ

妊娠・産後のうつ
妊娠がわかっても喜べない・赤ちゃんの世話ができない

ずっと赤ちゃんが欲しかった、、その念願が叶ったはずなのに、、、。
妊娠がわかっても喜べない。もしくは妊娠中にうつ病に陥っていく・・。
妊娠中に軽度のうつ病の症状を感じる人は、1割以上もいるというデータもあるようです。

一昔前には、「妊娠中にうつ病になることなんて少ないだろう」と考えられていました。「赤ちゃんを授かるのはおめでたいことだから」という思い込みもありました。しかし最近は、妊娠中も他の時期と同じようにうつ病になりやすいということがわかってきました。
赤ちゃんが生まれること、それはどんなに幸せなことだろうと妊娠期を過ごしてきても、妊娠によるホルモンの変化により身体や心が戸惑い、バランスを失うというような事は、当然といえば当然なのかもしれません。
様々なストレスやプレッシャーが、妊娠中のうつ病の引き金になることもあるのです。

妊娠中のうつ病の原因:1.女性ホルモンの影響 2.ママになる不安・プレッシャー

妊娠中のうつ病の予防

重要なことは誰にでも起こる可能性があるということです。
そして時期的なものでもあるということ。時間が解決してくれるということも知っておきましょう。思いつめてしまうのは逆効果になってしまいます。

予防のポイント:食生活をバランスよく/気持ちを外に向けて外出する/しっかり休む/適度にからだを動かす/誰かと話す機会を増やす

症状が2週間以上続くなど、さらに悪化しているようならサポートが必要になるでしょう。妊娠中のうつ病は産後うつの発祥の確率を高めてしまう恐れもあります。専門医に相談してみるなどの対策を考えましょう。

産後のうつ病

どんなに赤ちゃんの誕生を待ちわび、どんなに子供を愛していても、子供を産むということは女性にとって大きなストレスとなります。
喜びや幸福感とは遠い不安感、悲しい気持ち、倦怠感におそわれる。
このような軽いうつ症状や気分の変調は産後の母親にとって珍しいことではないのです。
このような症状を『ベビー・ブルー』と呼びます。

「ベビー・ブルー」とはちがう「産後うつ」

産後直後は、気分の変調、不眠、イライラ、食べ物の嗜好の変化、集中力の低下など、「ベビー・ブルー」の症状は出産の2~3日後に現れ、数日間から数週間続きます。
この症状は出産後の自然なホルモン・バランスの変化によって起きると考えられているため、心配し過ぎる必要はありません。
ホルモン・バランスが元に戻るにつれて症状は回復していきます。家族のサポートと充分な休養を取れば、特に治療が必要ということはないでしょう。

しかし、重要なのは「産後うつ」は「ベビー・ブルー」と異なりとても深刻な問題だということです。気分の変調、涙もろさ、悲しい気持ち、不眠、イライラなど、この2つの症状は似通っています。「産後うつの特徴は、死にたいと思ったり、赤ちゃんの世話ができなくなったりなど、より深刻な症状が出る、そしてそれが長期間続いてしまうことなのです。

産後うつの症状:赤ちゃんに興味がなくなる・赤ちゃんを傷つけないか心配になる/自分自身に興味がなくなる・何をやっても楽しめない/何をするのもおっくうになり、行動しなくなる/自分を責める気持ち・死にたい、と繰り返し考えるようになる/など

産後のうつ病の原因:1.女性ホルモンの変化 2.身体的変化 3.ストレス

「産後うつ」は赤ちゃんに悪影響

「産後うつ」で赤ちゃんの世話ができなくなってしまった。例えそうだとしても、うつ病は認知機能や身体機能に影響が出てくる病気です。決して自分は「ダメな母親」などと思わないようにしましょう。しかし、倦怠感、イライラ、虚無感、涙もろくなるなどのうつ病の症状は、赤ちゃんのために良くないので放っておいてはいけません。

赤ちゃんへの悪影響:睡眠障害やかんしゃく持ち、攻撃性や落ち着きの無さが出てくる傾向/立ち上がったりしゃべったりする成長、学習能力に障害が出る可能性/周囲との人間関係を構築する能力に障害が出る可能性/引きこもりや暴力的になる/自尊心が低くなり、不安や恐怖を感じやすくなる/など

産後うつ病の予防

「産後うつ」になった母親は、一人で抱え込んでしまうことが多いようです。
「おかしいな」と思ったらすぐに身近な人に相談し、協力を仰ぎ、自身の症状を理解してもらうことが重要です。

予防のポイント:夫など家族と「産後うつ」についてよく話しあってみましょう/産科や地域の子育て支援センターなどで相談をしてみましょう/しっかりと休養を取ることもとても重要です

それでも症状の改善がみられないようでしたら、心療内科・精神科の医師に一度診てもらいましょう。我慢してタイミングを逃すと、一過性の「産後うつ」ではなく、症状が悪化し「うつ病」へ移行してしまう恐れもあります。
そうなると、回復までにさらに多くの時間が必要になってしまいます。我慢せず、ぜひ心療内科・精神科を訪れてみて下さい。

薬を使わない最新の治療法・検査法はこちらから

副作用の少ない うつ磁気刺激治療とは? 見て分かるうつ病 光トポグラフィー検査とは?

女性うつの治療なら新宿ストレスクリニック

女性うつ予防ナビコンテンツ一覧