1. 女性うつ予防ナビTOP
  2. 女性にうつ病が多いわけ

女性にうつ病が多いわけ
うつ病の原因や症状には性差があります

うつ病は、男性に比べて女性の方がかかりやすいと言われています。また、病気の原因や症状にも男性と女性では違いがあるのです。
女性のうつ病のリスクを減らし病気に正しく対処するために、これらの関係性・要因を知ることが必要です。

女性特有の要因

うつ病になる年代は、男性は40代に多く見られ、女性は30代からうつ病になる方が増え始めます。全世代では女性のほうが多く患者総数では男性の約2倍にもなります。
女性の場合、性ホルモンの変動など、生理的にも社会的にもうつ病になりやすい要素を抱えているということも有ります。
特に社会環境については、就職・育児休業関連の法律は男女平等をうたっていますが、現実には女性が家事の9割、育児のほとんどを担うなど、負担になる状態に置かれているのが実情です。

女性が『うつ病』になりやすい理由:1.生理的な要因 2.社会的な要因 3.心的外傷

女性ホルモンとの関連

女性ホルモンとは、女性が妊娠・出産のできるカラダをつくるために脳が指令を出し、卵巣でつくられる エストロゲン(卵胞ホルモン)・プロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンの総称です。
女性ホルモンは非常にデリケートです。
女性はホルモンの入れ替わりが激しく、これがストレス(生理学的ストレス)となります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、神経伝達物質のセロトニンを介して感情の調節に関わっています。
このセロトニンは、気分を明るくする、興奮や不快感を鎮める働きがありますが、女性はもともとセロトニンの分泌量が男性より少ないのです。

更に月経前は、エストロゲンが減ることでセロトニンが減り、落ち込みやすくなったり、イライラするという症状が出てしまいます。
それは決して、あなたの性格に問題があるわけではないのです。
体の正常な働きが感情も左右しますので、ホルモンの変動時期は情緒も不安定になるのです。

月経によって、そして妊娠・出産・更年期によってホルモンは変動します。
ホルモンの変動は、ストレスに対する抵抗力が低下するため、女性は男性よりもうつ病になりやすいのです。

女性のライフサイクルと女性ホルモンの変化の関係

女性ホルモン以外の影響は

女性に心の病気が多い理由は、とりまく環境も大いに影響します。
過重労働や仕事上のストレスが原因で精神のバランスを崩し、うつ病などを発症したり、さらに家庭を持つ方は、家での家事協力が得られない、帰宅してからも育児の負担が大きいなど、 社会環境からの重圧も心身両面に負担をかけてしまいます。
自身の限界・キャパシテイを把握し、努力をしすぎないことを心がけるのも大切なのです。

女性うつ病の治療

女性のうつ病は月経周期、妊娠、更年期障害、との関連性があるので、うつ症状とホルモンの関係を調べることが必要です。
人生の節目に現れるホルモンの変化はうつ病のきっかけとなりますが、不妊治療や更年期障害の治療でホルモンを投薬している人も同様です。
女性は男性に比べて抗うつ薬の副作用を感じやすい傾向があるので、投薬治療を行う場合は慎重に観察しなければなりません。

「うつ病を治すために良いこと」を少しずつできることから

気分が良くなるまでには時間がかかりますが、毎日少しずつでもいいからやってみることが大切です。

自分の感情の動きに気付こう/ライフスタイルを少し変えてみよう/家に引きこもらないように外出しよう/ヘルシーな食生活を心がけよう/休養とリラクゼーションを心がけよう/信頼できる誰かに話を聞いてもらおう/軽い運動(30分の散歩など)を続けよう/睡眠時間はたっぷりとろう/なるべく毎日、日の光にあたるようにしよう

大切なのは、無理をせず、1人で抱え込まないことです。症状が長く改善されないようでしたら、まずは専門医に相談に行きましょう。それが早期回復への近道なのです。

薬を使わない最新の治療法・検査法はこちらから

副作用の少ない うつ磁気刺激治療とは? 見て分かるうつ病 光トポグラフィー検査とは?

女性うつの治療なら新宿ストレスクリニック

女性うつ予防ナビコンテンツ一覧