1. 職場うつ予防ナビTOP
  2. 職場うつの治療

職場うつの治療

真面目で責任感の強い人がうつ病になる傾向が高く、変化に気づきながらも頑張り続けてしまいがちです。
その結果うつ病になり休職せざるをえなくなってしまうことは少なくありません。
変化に気づいた時には早めに相談、治療を行うことが非常に重要です。
ここでは代表的なうつ病の治療から最新治療までご紹介します。

長期的な休養をとる方法

うつ病の治療で必ずと言っていいほどすすめられることは「しっかりと休養をとること」でしょう。「責任感の強い人ほど、うつ病になりやすい」とよくいわれています。そのようなタイプの人は、仕事から思い切って当分の間離れないと、うつ病はよくなりません。そのため長期の休職に踏み切ったり、入院するなどして日常の雑務から完全に解放されることで生活リズムの根本的な見直しをはかり、うつ病を快方に向かわせる方法です。いつまで休んだら良いかという判断はドクターに相談し、アドバイスを受けましょう。

投薬による方法

うつ病専門の薬の投与は、うつ病治療の代表的な方法です。
ほとんどの場合、数種類の薬を同時に服用し、その期間も長期にわたります。
具体的な服用方法については、担当医とよく話し合う必要があります。

1. 抗うつ薬
うつ病専用の薬の中核をなすもので、脳の中にある物質の作用を強化する役割を果たします。 抑うつ気分や不安感・焦燥感を解消させる働きを持つほか、意欲や物事に対しての好奇心を喚起する働きを持ちます。

2. 抗不安薬
名前にあるように、不安を静める作用を持つ薬です。特に不安感・焦燥感が強い場合に処方されます。

3. 睡眠薬
いつまでも寝付けない場合や、すぐに眠りから覚めてしまう場合に処方されます。

以上が代表的なうつ病の薬ですが、ほかにも症状に合わせてさまざまな薬を組み合わせます。しかし、効果が出るまで時間がかかるほか、医師の指示があるまで服用を続ける必要があるといったデメリットがあります。また、平衡感覚の欠如や脱力感といった副作用が出ることも少なくありません。

精神療法・心理療法

経験を積んだカウンセラーの指導のもとで、うつ病をゆっくりと克服していく方法です。
現在のうつ病については、「認知行動療法」が有名で、英米のようなうつ病治療の先進国においては、投薬治療と同等に認知されています。
認知行動療法では、マイナス思考に支配された患者の考え方を徐々に異なる方向に変えていきます。
自分の考え方を自分の力で変えていくことになるため、成功した場合はうつ病になりにくい性格に変わることも可能です。
自分で自分の性格を変えていくことになるため、まったく変わろうとする意欲がない場合や、ただ指示に従っているだけの、受け身の態度が目立つ場合は、効果が出ない可能性も高まります。 また、医療機関ではない場所で受けると健康保険が適用されません。

電気けいれん療法

患者の頭部に、電気や磁気を照射して、うつ病を改善する方法です。
代表的なものに、「ECT(電気けいれん療法)」があります。両前頭葉上の皮膚に電極をあてて、通電を行う方法です。
記憶障害をはじめ、さまざまな副作用を伴う方法でもあります。
また、全身麻酔をかけてから行うため、入院する必要があります。

経頭蓋磁気刺激治療法(TMS)

患者の頭部に、磁気を照射して、うつ病を改善する方法です。
代表的なものに、「TMS(経頭蓋磁気刺激治療法)」があります。
DLPFC(背外側前頭前野)と呼ばれる部位に、40分程度磁気を照射して活性化を行います。
DLPFCの機能が改善することで、不安感・焦燥感が解消されるほか、判断能力や好奇心、意欲といった機能が自然と回復します。
頭皮の下の筋肉や神経を刺激するため、軽度の痛みや不快感を伴う可能性はあります。しかしそれ以外は副作用もなく、数回の治療で効果を実感することもあります。

最新うつ病治療法についてはこちら
磁気刺激治療法(TMS)についてはこちら