1. 職場うつ予防ナビTOP
  2. 職場うつに悩む人の事例
  3. 30代自営の方の事例

職場うつに悩む人の事例

職場うつに悩む人の事例
20代流通の方の事例
30代広告代理店の方の事例
30代自営の方の事例
40代コンサルティングの方の事例

30代自営の方の事例

就職活動では第一志望の不動産会社から内定をいただいたが、会社を経営する父親に説得されて信用金庫に入社。

自分が志望していた会社ではなかったが、信用金庫では融資担当に配属され仕事が面白くなり、オフの時間も飲み会やスポーツを楽しんでいた。

信用金庫で何年か働いた後、父親の経営する会社に入った。
社員や父親に対しての義務感からひたすら頑張って働いた。
業績は順調で仕事も忙しく、その頃は週1日くらいしか休みはなかったが、休日はスポーツや飲み会で元気だった。

受注が増えたことで忙しくなっていったが、仕事を人に振れずに抱え込んでしまったことでいっぱいいっぱいな感じだった。

そんな生活が1年くらい続いた頃、仕事の能率が落ち始め、性欲がなくなった。
朝の倦怠感がひどく、仕事に出るための朝の準備に時間がかかるようになった。
それでも出勤し、仕事もこなしたが能率は落ちる一方だった。

そのうち朝の体調がどうしようもなくなり、起き上がることもできなくなってしまった。
同時に頭痛や腹痛にも悩まされ出社できなくなり、精神科でうつ病と診断された。
治すには投薬しかないと言われ、薬での治療を開始。医師の勧めで仕事も休職した。

仕事を休んでいても会社や家族のことを考えると、義務感、焦り、イライラ、申し訳なさなどの気持ちが湧いて症状が悪化している気がした。

投薬は1年続けたが効いている実感はなく、逆に副作用なのか症状なのかわからない状態になっていた。

そんな折、父が脳に直接磁気の刺激を与えるTMS治療という新しい治療法を探してきて、試したらどうかと勧めてくれた。

TMS治療を始めて3ヶ月、症状が軽くなり週4日の勤務ができるまでに回復した。
リハビリ中だから無理するなと周囲から言われ、あまり仕事をやらせてもらえないが、早く治して元のように仕事をしたい。

症状が悪化する前に、うつ病かどうかの検査をすることをおすすめします
光トポグラフィー検査についてはこちら