目次

光トポグラフィー検査の体験談

10代男性の体験談

18歳 男性

自分がうつ病ではないかと考えており、「うつ病」で検索したら広告で光トポグラフィー検査がでてきたため、うつ病かどうかがわかるための検査を受けた。双極性障害と診断され、病気を治したいと思った。

20代女性の体験談

22歳 女性

光トポグラフィー検査して、自分の状態が正確にわかった。脳波でもうつ病とわかって少し安心した。

30代男性の体験談

34歳 男性

光トポの検査の結果を受けて、やはり、健常者と波形が違うので、とても動揺しました。ずっとうつ病だと思っていたのに、双極性の波形に近く、今までの診断は何だったのだろうと思いました。

40代男性の体験談

44歳 男性

今まで精神科を受診したことはなかったのですが、うつ傾向があるのでは、と思い、光トポグラフィー検査を受けました。データ化された結果を見て、やはりそうかと認識しました。

40代女性の体験談

43歳 女性

どんな検査なのかとても不安でしたが、丁寧に検査の説明をしてくれたので、思ったより簡単に検査を受けることができました。検査結果はグラフで表され、その説明もしてくれるので、今の状態を知るには分かりやすいです。先生の診察と光トポグラフィー検査の両方で診断してもらえたので、より正確な結果が分かって良かったです。

60代以上女性の体験談

65歳 女性

うつ病のセカンドオピニオンとしてクリニックへ行き、院長の説明に納得したので、その日に光トポグラフィー検査を受けました。今の自分の状態が良く理解できたので、TMS治療を受けようと思いました。